現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 脱磁装置 > 交流減衰方式/貫通型(空芯型)

製品・技術情報

脱磁装置 交流減衰方式

交流減衰方式は、一定の交番磁界が発生しているコイルから被脱磁物を遠ざけることで脱磁を行います。

帯磁した被脱磁物を通過させるだけ。汎用部品の脱磁にも最適! 貫通型(空芯型)LOシリーズ 距離減衰

貫通型(空芯型)LOシリーズ

空芯コイル型の脱磁器。
コイルに交流電流を流すことにより交番磁界が発生。帯磁した
被脱磁物は、コイルを通過させると、磁区が振動され不揃いとなって脱磁されます。

磁区とは

基本仕様

型式 脱磁力(AT) 電源入力 外形寸法(mm) 重量(kg)
LO-100F AC約8000AT AC200V単相20A 395(W)x300(D)x345(H) 約38kg
LO-200F AC約8500AT AC200V単相30A 495(W)x300(D)x445(H) 約57kg
LO-300F AC約8000AT AC200V単相45A 595(W)x300(D)x545(H) 約80kg
LO-400F AC約7400AT AC200V単相60A 695(W)x300(D)x645(H) 約90kg
LO-500F AC約7200AT AC200V単相70A 795(W)x300(D)x745(H) 約105kg

※脱磁力はいずれも50Hz環境での値です。

※冷却用ファン付き。

※型式の数字は内径角を表します。

装置の実装例

NDKでは、お客様の生産・検査ラインに合わせ、貫通型(空芯型)脱磁器を実装させていただきます。シュート式やコンベア式をはじめ、様々な実装実績がありますのでお問い合わせください。

貫通型(空芯型)LOシリーズ実装イメージ

このページのトップへ戻る

製品の詳細についてはコチラをご利用ください。カタログダウンロード資料請求・お問い合わせTEL 042-537-9321