現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 非破壊検査装置 > 磁粉探傷装置 > 磁化電源装置/単相電源・複合型 2電源

製品・技術情報

非破壊検査装置【磁粉探傷装置】磁化電源装置

磁化電源は磁粉探傷を行う際に検査対象を磁化する際に使用します。検査対象によって磁化方法が異なりますが、NDKでは各種電源を取りそろえ、最適な方法をご提案いたします。

必要十分の機能を搭載した堅牢かつリーズナブルな実用モデル 単相電源 GD-10搭載!GD-10搭載!

単相電源
  • SCRによる単相半波整流方式。交直両用出力に対応
  • 「電流フィードバック制御機能」を内蔵
  • 直流脱磁は、デジタル式自動減衰制御方式、反転方式
    脱磁時間は約20秒(可変)、完了時に瞬時に復帰可能
  • 磁化、脱磁条件、各10チャンネルメモリー機能内蔵
  • その他、「ソフトスタートによるスパーク防止機能」や「異常通電焼損防止機能」などを備える

デューべック磁化法を採用し縦/横同時に傷を検出可能 複合型2電源 GD-10搭載!GD-10搭載!

  • 複合(デューベック)型磁化用電源
  • 直流―直流励磁、及び交流―交流励磁により、縦/横傷の同時検出を実現
  • 縦/横傷の同時検出により、サイクルタイムの短縮ができる

基本仕様

型式 NQ-700S NQ-400S
出力電流 直流(波高値) 7000A 4000A
交流(波高値) 7000A 4000A
整流方式 SCRによる単相半波整流
電流調整方式 プリセット方式による0~最大迄デジタル設定 設定電流自動通電 10チャンネル設定メモリー付き
通電時間 0.0~9.9秒可変(責務サイクル有:0.5秒/5秒休止)
通電不良検出 通電不良自動検出 ブザー鳴報 ランプ表示
脱磁方式 直流 最大より0迄自動減衰脱磁 約20秒 瞬時復帰
交流 最大より0迄自動減衰脱磁 約6秒 瞬時復帰
外形寸法 重量 約600W×730D×1200H mm 約300kg 約450W×500D×695H mm 約150kg
負荷条件 200Sq 5m×2本 150Sq 3m×2本
一次電流(最大通電時) 450A AC200V入力 100A AC200V入力
型式説明 NDKブランドの磁化電源装置には、「1.製品のタイプ」「2.定格電流値」「3.整流方式」―の3つを表わす、型式があります。スペック表をご参照する際や、ご発注いただく際にご参照ください。
コントローラ 磁粉探傷装置と磁化電源をインテリジェンスに制御! 磁粉探傷装置用制御ユニット GD-10シリーズ
GD-10シリーズ

「GD-10シリーズ」はNDK製の磁化電源装置について、高度かつ安定した制御を行うための組み込み型の制御ユニット(コントローラ)です。
電流フィードバック制御により、検査物の大きさや材質に影響されることなく、設定された電流をサイリスタ(SCR)制御により一定に通電することができます。これにより、被検査物を高精度に磁化し、磁粉探傷装置の探傷精度を向上できます。

SCR制御方式を採用 NSバランス機能を装備 10チャンネル設定記憶機能を搭載 500台以上の導入実績の信頼と安定性

このページのトップへ戻る

製品の詳細についてはコチラをご利用ください。カタログダウンロード資料請求・お問い合わせTEL 042-537-9321